私たちの3DCG

展示会・動画・プレゼン資料などで3DCGは圧倒的に威力を発揮します。

今までアニメーションは2D(平面)の世界だけの表現でした。
ここで3DCGが登場し、あっというまにその需要は増えています。

顧客は2Dより3Dのほうがクオリティが高いと評価します。

2009年のジェームズ・キャメロン監督の『アバター』が世界興行収入歴代1位となり約2385億円の売上を記録し、それ以降ハリウッドやディズニー映像・日本でも多数の立体映画が製作されるようになりました。

それほど3Dは人を引き付けることができます。

いつまでも古いプレゼン資料・古い動画・古い展示会用資料になっていませんか?

3DCGは高いものと諦めていませんか?

ご予算を伺い、会社の営業・集客のために最善のご提案をさせていただきます。

リーズナブル&ハイセンスクオリティーCGを創出いたします

制作工程[編集] 3DCGの制作は次のような行程で制作されます。
①モデリング(立体物の形を計算し、形成すること)
②マテリアル・テクスチャ
③セットアップ
④アニメーション
⑤シーンレイアウト、ライティング
⑥レンダリング
⑦レタッチ
①モデリング(Modeling)[編集]

3DCGモデリングは、形・物体を作ることです。はじめに3次元座標上で頂点、辺、面で構成された立体物の形を作成します。
この作業をモデリングと呼び、ポリゴンという多角形(主に三角形や四角形)の組み合わせで物体を表現する手法です。
フィギュアでいう形を作るまで。色つけや質感など部分はまだ入れていないです。

②マテリアル・テクスチャ

色や質感を付けることです。物体の色、透明度、表面反射などの様々な質感を設定します。色まで付けたらモデルは完成です。

③セットアップ

3DCGの動画によって、動かせるように設定します。

④アニメーション

モーションを設定します。

⑤シーンレイアウト、ライティング

ライティングを設置し、絵コンテに沿ってカメラを設定します。静止画の場合、モデルデータに対して、ライティングをして、雰囲気が出れば、それで大丈夫です。建築、インテリアCGとか、製品ビジュアルなんかはそれで大丈夫です。

⑥レンダリング

ほぼほぼ最後のステップです。今まで作ったものから画像またはアニメーションを描き出すのがレンダリングです。画像のSIZEなども調整します。

⑦レタッチ

作成した3D背景モデルシーンデータに作画レイアウト画像を読込み、そのレイアウト画像にパースや構図を合わせてレンダリングした画像を、Photoshopや編集などのソフトで細部をレタッチします。